事故車の査定は修理してからが正解なの?

事故車の査定は修理してからが正解なの?

 

 

事故を起こしたことにより、車が売れなくなってしまうとなると非常に残念な思いをすることになりますよね。

 

現在はそのような事故車であっても買取対応してもらえることが結構あるので、買い取ってもらう側としてはありがたいことです。

 

しかし、いくら買い取ってもらえるとはいっても、事故を起こしたままの状態でいい査定になるわけはありません。

 

高く売るとなった場合にはそれなりの対応は必要になってきます。

 

 

 

わざわざ修理しても差し引きでプラスになることはまれ

 

同じ事故車でもエンジンすらかからないような車の場合はどうすることもできないわけですが、普通に運転することはできて、目立つ外傷はなく、非常に軽微な傷や凹みなら自分で修理した方がお得です。

 

一方、ひどい傷や凹みの場合は修理代がかなりかかることになります。

 

そのため、修理することによって車が高く売れたとしても、修理代を差し引くとかえってマイナスとなってしまうケースがほとんどです。

 

この場合、自分で修理を行わなくても、買い取り会社側で販売前に修理を行うので問題ありません。

 

 

 

修理してから販売するように促そう

 

内装については運転する時に支障がないようなら、あえて修理を行うことはないですが、極力で見た目をよくしておくことにより、高く売れる可能性が高くなります。

 

自分の車に対する愛情を相手側に感じ取ってもらえれば、相手もできるだけ高い金額で買い取ってあげようと考えるようになります。

 

ですから、傷や凹みを放置しておくことはせず、可能な限り美しい状態に戻してあげてください。

 

そして、車の内側部分の不具合もかなりの修理代がかかってしまいますので、修理するのは避けましょう。

 

実際に車を買い取ってもらう時に、修理を行ってから販売するようお願いするといった形を取ることをおすすめします。

トップへ戻る